【LINE@追加で5つの稼げる無料特典プレゼント中!】
ビジネス

「ワークスタイル変革」で自分らしい「生き方」を!

いま、自分らしく生きていますか?

 

こう質問されて「イエス!」と答えられる人は何人いるでしょうか?

 

自信を持って答えられる人は意外と少ないかもしれませんね。

 

かつて思い描いていた夢や希望も、

社会に出てそのレールに乗ってしまうことで忘れてしまい、

レールの上が、まるで永久に安定しているような錯覚を起こしてしまいます。

 

でもそれって本当?

 

そんな生活って、自分らしく生きていることになる?

 

自問自答してみると漠然とした疑問や不満に気付くことでしょう。

 

良く考えてみてください、

今自分がここで死んでしまったら後悔することはありませんか?

 

そう思ったときこそ、ワークスタイル(働き方)を見直すチャンスなのです!

 

ワークスタイル変革とは?

かつては年功序列と終身雇用が当たり前だった日本は、

転職するということに対して非常にネガティブなイメージがありました。

 

しかし能力のある人ほど、

自分の能力を活かしたいがためにその環境を求めて転職はしているのです。

 

自分の能力を活かす

 

例えば学者がいい研究環境をもとめて大学や研究所を移籍したり、

海外に行ったりすることと同じです。

 

しかし一般的なサラリーマンの場合、

学者ほど明確なテーマがないことで何となく敷かれたレールの上を

脱線することもなく進んでいるだけになっていますよね。

 

サラリーマンと言えども今や、

世界市場では自由に自分を活かせる場を求めて移籍する時代になったのです。

 

それがインターネットをはじめとするIT技術の進化によるものということはお分かりでしょう。

 

自由な働き方

 

こうした時代背景によって企業側も、

「即戦力」「効率性」をもとめて柔軟に変化してきており、

「企業価値の向上」の為に積極的なワークスタイル変革を

後押しするようになってきました。

 

ワークスタイル変革とは

 

個人の能力を最大限に引出し、

企業の生産性を高めるために、

快適で多様化した働き方を自由に求める

 

ということということなのです。

 

リラックスして自由な働き方で最高のパフォーマンスをあげる

これこそ誰もが求めるワークスタイルですよね!

 

何となくワクワクしてきませんか?

自由であることの意味とは?

例えば・・・

 

毎日眠い目をこすって、

 

朝食もろくに取らず家を出て、

 

満員電車に揺られて会社に行き、

 

ついたころにはクタクタになって、

 

長い会議につき合わされ、

 

ただ長く居るというだけの上司に上から目線で注意されて、

 

気が付けば残業をしなければならない雰囲気にのまれて、

 

帰るときでさえも座ることさえできない電車に再び揺られて、

 

そして休日は死んだように眠り続ける・・・

 

こんなことを定年まで続けなければならないと思うと、

考えただけでぞっとしませんか?

 

でもどこかで、このままであれば安泰なのだから、

敢えてリスクを冒す必要などないだろう、と言っている自分もいることでしょう。

 

でも安泰なんて保証、どこにもありませんよ!

 

自由に働ける時代、好きなことで生活できる時代

 

IT技術の進化は、

グローバリズムの扉を開け、

自由を与えてくれました。

 

パソコン1台あればそこには無限の可能性が広がっています。

 

もっと言えばスマホ1台で仕事をしている人もいるくらいですから、

サラリーマンとして「右へならえ」のような生活をしなくても、

今の時代はいいのです!

 

私自身もそれに気が付いたとき、

心の鎖が解き放たれ本当の自由を得た気分になりました。

 

好きなことであれば継続できます。

 

好きなことであれば探究します。

 

好きなことであれば困難も乗り越えられます。

 

好きなことであれば自由を感じられます。

 

好きなことであれば自分らしく生きられます。

 

だから質も向上し、その能力はますます磨かれるのです!

 

誰にだって好きなことや優れた能力のひとつやふたつは必ずあります。

 

それを追求していけばいいだけのことなのです。

 

自問自答する勇気

 

そうはいっても・・・

 

とまだ悩む人、

それはリスクに対しての理解が足りないのです。

 

リスクを取らなければリターンは得られません。

 

投資も、

 

人生も、

 

同じです。

 

でもそれをリスクと感じるか、

冒険と感じるか、

はたまた成功への一歩と捉えるか、

 

それだけの違いです。

 

勇気を振り絞って自問自答してみてください。

 

自分ならできる!

 

自分ならやれる!

 

そう思えてくるはずです。

 

ワークスタイル変革は決してリスクではなく、成功への足ががりなのです。

 

そう思えたあなたは、もう半分は成功したも同然です。

 

今、この命が絶たれることになったら、後悔しませんか?

 

自分を信じることです!

 

自分らしく生きることへの近道

社会の歯車になってしまうことが、

決して悪いわけではありませんが、

自分の能力を活かし、

自分らしく生きるためには、

やはり自由であることが大切です。

 

がんじがらめに鎖でつながれている状態であれば、

どんなに優れた人でも最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。

 

スポーツ選手が本番で意識してリラックスするように、

自由であることこそが自分らしく生きられる前提なのです。

 

それに気付けばおのずと方向性は見えてきます。

 

なぜなら「自分らしく生きたい」という感情を抱いたことで、

脳がその方向性に向けて視野を広めて、

最も早く達成できる近道を探してくれるからです。

 

あなたはどう思いますか?

「自由な生活を手に入れる」近道をお手伝いします!

私もこれまで様々な時代の流れに合ったビジネスを試してきました。

そして試行錯誤の結果、今は「自由な生活を手に入れる」ことが出来るようになりました。

同じように「自由な生活」を求めている人はたくさんいると思います

時間はかかるかもしれませんが「自由な生活」を手にするための近道は
お伝えすることが出来るかもしれません

これまで私の人生が変わる時や自分が成長する時には「必ず人との出会い」がありました

同じ目的を持つ仲間と集まることで、私自身も更に成長するを期待しています

ぜひ、お互いに「自由な生活を手にする」ため「成長する」ために
LINEでのお友達追加をしていただけると幸いです!

もちろん登録無料です